負担をかけない

肌の違いを感じる女性

クレンジングや洗顔時にはどうしても肌にストレスや刺激を与えてしまいます。
特に敏感肌の場合はこの刺激をどのようにして減らすかということが重要です。
その為に重要な要素の一つがどの商品を選ぶかということです。
クレンジングといってもシートでふき取るものやオイルタイプ、ミルクタイプ、泡タイプなど様々な種類のものがあります。
一般的に一番肌への刺激が多いとされているのがシートタイプです。
シートタイプはふき取るだけでメイクを取る必要があり比較的強い洗浄成分が配合されている物が多いのです。
次いでオイル、泡、ミルクと続きます。
とはいえ配合されている成分によっても異なるので参考程度にしてください。
界面活性剤を天然由良の成分のものにするといった対策も有効です。

配合されている成分などを参考にどれを選ぶかということも非常に重要ですが同じくらい重要なのが使用方法とその後です。
シートタイプでもオイルタイプでも共通していますが、しっかり落とそうとしてゴシゴシすることは肌に大きな負担となります。
力を加えてメイクを落とすわけではありません。
配合されている洗浄成分などで汚れを吸着させることで除去させます。
ですから力任せにゴシゴシせずに優しく丁寧に、極力少ない回数でかつしっかりと汚れを取ることが大切です。
オイルクレンジングでも手に広げてすぐに顔をゴシゴシするのではなく手の温度でオイルを温めてゆっくりとその手を顔に当てることでよりオイルがメイクになじむのです。
そして肌への刺激を注意しながらその後洗顔を終え最後にタオルで顔を拭くときにもそっと優しく拭くことが重要です。